インフラ技術支援担当

想定される活用場面及びそのメリット

当センターは、発注者支援業務を通じ自治体技術職員の育成に貢献します!!

公共工事発注者支援機関の活用

市町の支援

ふじのくにづくり支援センター
(公共工事発注者支援機関)
県の支援
○発注関係事務に係る支援
  • 設計書及び仕様書の作成
  • 予定価格案の作成
  • 総合評価落札方式等の技術評価資料の作成・審査
  • 工事の監督・検査の実施
  • 工事成績評定案の作成
○社会資本の長寿命化等への支援
  • 橋梁・トンネル等点検業務へ技術的アドバイス
  • 維持管理業務(パトロール業務等)の支援
○発注関係事務に係る支援
  • 県の積算基準や単価資料、仕様書等の情報提供
  • 総合評価落札方式の実施支援(県の審査委員会の利用)
  • 「公共工事の品質確保相談窓口」等
○技術力向上のための支援
  • 技術研修へ市町職員の参加
  • 市町研修会等への講師の派遣
  • 社会資本長寿命化市町サポート窓口の設置 等

発注機関の活用

通常業務の補助として活用

土木職員数は減少している一方、発注者の業務は質・量とも増える状況にあり、通常業務の補助として活用

一時的な波を乗り切る場合の活用

橋梁点検等に基づく緊急補修工事など一時的な大量発注や一過性の大規模工事・技術的難易度の高い工事などの波を乗り切る場合に活用

適切かつ公平な立場で継続して業務を行うことが認定された機関として活用

※国土交通省資料を参考に作成

【お問い合わせ窓口】

ふじのくにづくり支援センター インフラ技術支援担当

住所 〒420-0853 静岡市葵区追手町9番18号

電話 054(254)8140 / FAX  054(251)5058

メール infra-tec@fujino-shien.or.jp

ページのトップへ